09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

TOP 

img1_convert_20110913201649.png


サマザマナコト

にようこそ!!!

この記事はトップです。

常に一番上に表示されます。

通常の記事はこの下に表示されます。

管理人は相互リンク、ブロとも大歓迎!!!

【自己紹介】

立坂 嘉成都(たちざか かなと)

男性です。

将来はイラストを描く仕事に就くことを目標にしています。

その為日々苦悩しながら精進中…のはず。

【好きな事】

・お絵描き

・読書

・アニメ

・アニソン

・風景

因みにオタクです。

【今抱いている夢】

・とあるゲーム会社就職

・TOEIC高得点(800点)以上取る

・カナダで暮らす

【最近】

夢を実現するにはどうすればいいのか?

という事を真剣に考え始め、様々な本やブログ、サイトを見てインプットしつつ、

実際に行動(アウトプット)をするように心がけています。


こんな感じで特に何も無い1人の男子のブログですが

どうかよろしくお願いします(・∀・)

スポンサーサイト

[edit]

自信 




みなさん、お久しぶりです、管理人です。

(まぁ見てる人いないだろうけど)

もう前回の記事が去年の11月ですか…。

その後12月に東京とおさらばして地元にかえりまして

現在は実家に住んでいます。


さぁ、本題に入ります。

実家に帰ってきてから6月ぐらいまでは絵の練習をしていたのですが

以前から興味のあった宅地建物取引士という資格の勉強を4月から始め、

6月からは絵の練習をやめ資格勉強一本に絞って日々を送ってきました。

その結果、まだ自己採点の段階なのでマークミスがあるのかもしれませんが、

ひとまず安全圏の点数をとることが出来ました。

期間は半年間、

勉強時間はのべ350時間以上。

完全独学で、資格予備校は模擬試験で利用したのみ。

そして本番は、自己最高得点。

非常に嬉しいです。

わからない問題があるとそこが気になって次に進めない

という癖があるものの、聞くことが出来る先生もいない。

しかし自分で時間をかけて調べ、考え、

ひとつひとつ理解して進めることが出来ました。

法律なんて何も知らず、

法律用語に慣れることから始まった今回の学習。

抵当権、

債権者、

債務者、

瑕疵担保責任、

善意の第三者、

悪意の第三者、

etc・・・

しかしそれでも、

何回も落ちる人もいる資格を、

完全独学で、

一発で、

自己最高得点で終えることが出来たのは

自分の大きな自信になりました。

いつもは否定しかしていない自分を、

少しは肯定しても良いのかなと思いました。




さて、次は何に挑戦しましょうかね。




[edit]

出向形態の職に就いて 


どうも、お久しぶりです。

今まで出向形態のIT企業に勤めていたわけですが、

自分には合いませんでした。

個人的にどこが合わなかったのか、辛かったのか、

客観的に自分を見るという意味でもここに書きたいと思います。



①その都度現場に合わせないといけない

現場に合わせるというのは、その現場に適応しないといけない

ということです。

現場が変わると、

作業が変わる。

人も変わる。

それによって環境も変わる。

作業が変わるとその仕事内容を覚えなくてはならないし、

人が変わるとどんなに嫌でも何とかその人たちの性格に合わせて

付き合っていかなくてはならないし、

環境が変わるとその人たちと付き合い、

尚且つその仕事をこなさなくてはならない。

その現場のストレスなどに上手く付き合わなければならない。

それが何度もある。

(もちろん人によっては1つの現場がずっと続く場合もあります)



②上位の会社に名前を伏せる

正直、これが一番驚きました。

初めて聞いたときは驚きすぎて家族に相談しました。

そしてその家族からも怪しいと言われました(笑)

どういうことか説明します。

仕事が来る流れとしては

単純にA社がB社に仕事をお願いしてそこで終わり、ではないのです。

A社がB社に仕事を振り、B社がC社に仕事を振り、

C社がD社に仕事を振る。

こんな感じです。

そして自分がD社の人間だとして、

その現場でB社の方と仕事をするとなると、

そのB社の方に自分がD社であると言ってはいけないのです。

何故ならB社はC社までしかその業務に携わっていないと思っているからです。

つまり内緒でC社がD社に仕事を振っているんですね。

そしてB社の人には自分がC社の人間だと言わなくてはならない。

これが非常に面倒くさい。

この例えではAからDまでの4社しかいませんが、

実際はもっと何社もつながっているのです。

誰に対してなら自分がD社であると言っていいのか、

誰に対してどこの会社と名乗ればいいのか、

わからないのです。

しかもB社の人は自分がD社ではなくC社であると思っているので、

C社に関してやたら聞かれたりします。

すみません、そんなの俺にはわかりませんm(__)m



③自分の失態が自社だけではなく上の会社の失態に

前項で申し上げた通り、

A社→B社→C社→D社という流れで仕事が振られます。

そしてD社である自分はC社の人間であると偽らなくてはなりません。

つまり、自分の失態はD社ではなくC社の失態になる。

しかも、前項でC社は内緒でD社に仕事を振ると言いました。

そこに作用しているものは何か?

そう、

信用問題。

失敗したらC社の責任になる。

そうするとC社は

『これまでは信用でD社に仕事を振っていたけどもう任せられねーわ』

ということになり、自社に仕事を振ってくれるお得意様がいなくなってしまう。

何故ならC社もB社に信用されて仕事を任せられていて、

そのB社からの信用を失ってしまうから。

C社の評価が下がってしまうから。

A社がB社に仕事を振るだけなら、もし失敗しても自社が傷ついて終わるだけですが、

このように何社もつながっているとそうもいかないわけなのです。

責任重大。



④自分のクレームが来る

当然ですね。

これだけ自社の信用や他社の信用があるのですから、

失態を犯したらクレームが来ます。

自分が意識していないところや、

そんなつもりではなかったことなど

ありとあらゆるクレームが来ます。

もう、何をしてもクレームなのではという不安に襲われます。

あと個人的に辛かったのが

一緒に同じ場所で仕事をしてる人が

自分に対するクレームを本人ではなく会社の営業に言って、

それが自分に営業から伝えられるということですね。

『この人、裏でこんなこと思ってたのか』

とかみたいに色々考えてしまい、精神的に来ました。




以上、長く書きましたが、こんな感じのことが個人的には合わなかったです。

もちろん、しっかり対応できる人や、クレームに対してポジティブにとらえられる人などいるでしょう。

これらはあくまでも俺個人の考えです。

しっかり自分合った職を見つけたいですね。


[edit]

永遠の敵 



計算問題分からん!


いやいやいや、分かろうと努力はしてるんですよ?

でもバリバリ文系で公式とか計算問題とか見ただけで吐き気がする…。

英単語を覚えるのは得意なのに、公式は覚えられない。

英語の文法に単語を当てはめていくのは得意なのに、

公式に数字を当てはめることは出来ない。

問題文を見ただけで即☆バリア発動。

あとね、

前々から思ってんですけどね、

数学の問題集の解説ってアバウトすぎませんか?

分からないから解説見てるのに

その解説でいきなり新しい数字が出現したりだとか。

分からない問題があって解説見ようと思ったらその問題の解説自体が無かったりだとか。

その問題の解説自体はあったけど

その中の特に分からない部分が解説で飛ばされてるとか。

もっと分かりやすく書けっての…。

このぐらい分かって当然とか思ってんのかねくそ…。

皆が皆そこまで頭が良いと思うなよ…?

でもさっきネットで見たんですけど、

計算問題とはいってもその問題文に数字は少ししか無いんですよね。

そう考えると計算問題ってだけで

訳の分からない数字が沢山出てきて沢山ある公式から適切なものを選んで~

とか考えすぎてた気がしなくもない、多分。

あぁ、昔からちゃんと数学を、いや、算数をやっておけばよかったな。

[edit]

ウハウハ 


前回更新してから3日も経ったのかよwww


絶賛勉強中。

ゆうても浪人生とか受験生なみに10時間勉強とかはしてないけどね。

そのぐらい勉強したいという気持ちはあるけど

やっぱ難しい。

受験日が10月16日。

勉強できるのはちょうど1か月。

やるしかねぇ。


受かってウハウハするんじゃ。


ウハウハ。


ではまた。

[edit]

What time is it now?

管理人のDATA

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

純粋種のイノベイター